• 生酵素レッドスムージー

スムージー

スムージーって青汁と何が違うの?スムージーのメリット・デメリットとは?

スムージー 青汁 違い

飲んでダイエットに成功した女性タレントもいるなど、ここ数年グリーンスムージーが流行していますよね。フレッシュで、美容と健康に良さそうなグリーンスムージーですが、同じように、鮮やかなグリーンが特徴である青汁との違いは何でしょうか。

 

グリーンスムージーとは

流行してはいますが、「グリーンスムージーって何?」とひそかに疑問を持ったまま、誰かに聞く機会を逃している方もいることと思います。

グリーンスムージーは、緑色の野菜+フルーツ+水をすりつぶした飲み物です。この緑色の野菜の色が濃く緑色をしているため、グリーンスムージーと呼ばれています。日本では、ミキサーという名前で親しまれていますが、ブレンダーと呼ばれる機械に材料を入れ、スイッチを押すだけで簡単に作れるのです。好きなフルーツを加えることができるのが特徴で、おいしいグリーンスムージーの黄金比率は野菜とフルーツが6:4の割合とされています。

 

グリーンスムージーのメリット

グリーンスムージーがヒットしている主な理由として、

  1. コップ1杯で野菜不足を手軽に解消できる
  2. 野菜が入っているのに飲みやすい
  3. スムージーにすることで野菜や果物を消化しやすい
  4. 野菜と果物を入れるだけなので手軽
  5. ビタミン、ミネラル、食物繊維、フィトケミカルが豊富

が挙げられます。名前もなんとなくオシャレなので、女子ウケする飲み物であることがうかがえます。

 

グリーンスムージーのデメリット

もちろんメリットばかりではなく、デメリットもあります。

  1. ブレンダーが扱いにくく、調理が面倒くさい
  2. ブレンダーの手入れに手間がかかる
  3. ブレンダーの置場に場所を取る
  4. ブレンダーが高価
  5. 材料にコストがかかる

野菜料理よりは手軽に作ることができますが、毎日作るのは大変なのが分かります。ブレンダーの扱いにくさ等もネックになってしまい、継続できない人も少なくありません。

 

コストについて

こういうものは、毎日継続することで美容や健康に効果を発揮するものです。そうなってくると、無視できないのがコストです。そこで、青汁とグリーンスムージーのコストを比較してみましょう。

  • 青汁

メーカーや購入方法等によって異なりますが、1杯約50~120円と少し幅があります。1日に1~2杯飲むことが推奨されています。

 

  • グリーンスムージー

ベーシックなものの1日分のレシピ

  • オレンジ 2個
  • バナナ 1本
  • キウイフルーツ1個
  • ほうれん草 1/4パック

 

季節によって、野菜・果物の価格に変動がありますが、だいたい上記の材料で350円程度となります。

 

青汁1日分(2杯)の価格…200円くらい

グリーンスムージー1日分(約1リットル)の価格…350円くらい

 

上記のように、1日あたりの費用を比べてみると、青汁のほうがかなり安いのがわかります。これは、青汁が1日に1~2杯なのに対して、グリーンスムージーは1日1リットルと、飲む量が大きく関わっています。

また、グリーンスムージーは季節や使用する野菜・果物の種類によって、価格が大きく変わります。青汁も、牛乳やヨーグルトなど、水以外の飲み物で割ると数十円プラスされますが、素の価格が安定しているため、変動が小さく、安定しているので継続しやすいでしょう。

 

カロリーと糖質

グリーンスムージーと青汁の違いとして、フルーツの有無が大きなポイントとなってきます。グリーンスムージーは、飲みやすくするためにフルーツが半分ほど入っています。フルーツのおかげで、野菜のクセも消え甘くなっています。また、フルーツにはビタミン、ミネラルが豊富なので栄養の面もバッチリです。

ただし、フルーツには糖質がたくさん含まれているため、その分カロリーも高くなるという点には注意が必要です。

ダイエット時に気になるカロリー・糖質を比較してみると、

青汁1日分(2杯)…カロリー2~120kcal、糖質2~27g

グリーンスムージー1日分…カロリー200~210kcal、糖質50~60g

と、グリーンスムージーのほうがカロリー・糖質共に多く、糖質量ではスティックシュガーに置き換えると1日に18本分の差が出ることになります。

第7の栄養素「フィトケミカル」エイジングケア効果を紹介!

フィトケミカル

カテキン、リコピン、イソフラボン、アントシアニン、カプサイシン・・・。これらは美容や健康に役立つとされている成分たちです。例を挙げたらきりがないが、聞いたことのある成分が多いと思います。これらは全部、「フィトケミカル」という栄養素として一括りにされる栄養素です。

今回は、そんなフィトケミカルが含まれている食材効果について紹介していきます。

 

フィトケミカルとは?

フィトケミカルとは、野菜や果物の皮や種に多く含まれる「色」「香り」「苦味」などの第7の栄養素のことを指します。食物の5大栄養素は、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルであることは、みなさん知っていることと思います。そんな中、第6の栄養素として食物繊維が注目を集め始めました。

そして、食物繊維同様、今まで栄養素として考えられていなかった植物性食物の成分であるフィトケミカルが、第7の栄養素として取り上げられるようになりました。

 

自分から動くことができない植物は、太陽の紫外線による酸化や虫などの外敵から自らを守らなくてはいけません。そこで植物は、色や香り、苦味を持った化学物質(植物栄養素)を作り出すことで、自己防衛を行ってきました。

植物が自己防衛のために作り出した色や香りなどの栄養素がフィトケミカルです。主に植物の色素や香り成分、アクなどに含まれています。

 

緑黄色野菜や淡色野菜など様々な植物から発見されており、現在までに発見されているフィトケミカルは約1000種類程度です。しかし、まだこれからも発見されていないものも多く存在し、最終的には1万種類ほどあるのではないかと言われています。

 

フィトケミカルの効果

フィトケミカルには、強い抗酸化力・抗菌作用があり、人の体内に入ると体の免疫機能を整えたり、活性酸素をやっつけたりします。アンチエイジング、ガンなど多くの病気の予防に役立つと考えられています。

フィトケミカルは、紫外線や乾燥など過酷な環境に順応するために植物が作り出した防衛本能です。例えば、果実の切り口が酸化し乾燥してしまうのは、フィトケミカルによるバリアの力が働かないからです。果実がみずみずしさを保てるのは、乾燥から身を守るバリアの力であるフィトケミカルがあるからだということがわかると思います。

1日に必要とされるフィトケミカルを、野菜や果物から摂取するとするならば、野菜を350グラム、果物200グラム以上を食べるのが目標とされています。積極的に野菜・果物を食べている人であれば、この目標値をクリアすることはできると思います。しかし、そうでない人には当然難しいですよね。

なるべく複数の食品を食べて摂取するほうがバランスや相乗効果の面で期待できます。青汁や野菜ジュースなど野菜・果物を原料にした食品でも補うことは十分にできるので、そうした手軽なものを取り入れることで、フィトケミカルを摂取することも手です。

 

フィトケミカルが含まれている食材

フィトケミカルの上手な摂り入れ方は、様々な食材をまんべんなく食べることです。では、どのような食材をどのように摂り入れれば良いのでしょうか。

食材を摂り入れる際、参考になるのが食材の色素成分です。7色(赤・橙、黄、緑、紫、黒、白)がそろえば、自然とバランスよく摂取できます。毎日7色摂る必要はなく、1週間単位で各色を摂取するように心がけましょう。

 

・赤

リコピン…トマト、すいかなどの赤い色素。抗酸化力が強い成分です。

カプサイシン…唐辛子の辛味成分。体を温める効果や脂肪燃焼効率を上げる効果が期待されていています。

 

・橙

β(ベータ)カロチン・・・にんじんやかぼちゃに含まれる成分。体内で効率よくビタミンAに変換され、目や皮膚、粘膜の健康、免疫力アップなどの効果があります。

 

・黄

ルテイン・・・とうもろこし、キウイ、ブロッコリーなどに含まれます。目の健康に有効とされています。紫外線から受ける酸化のダメージから目を守り、加齢に伴う眼病の発生率を下げる働きがあると言われています。

 

・緑

クロロフィル・・・一般的には「葉緑素」とも呼ばれている成分。光合成を行う上で欠かせない成分で、ほうれん草やピーマン(緑)、オクラなど緑色の植物に含まれています。抗酸化作用、消臭・殺菌効果があり、体臭や口臭を抑える作用や、抗アレルギー作用なども期待されています。

 

・紫

アントシアニン・・・ポリフェノールの一種。ブルーベリーで有名ですが、黒豆、茄子、ぶどうの皮などに含まれている紫色の色素です。目の疲れや視力低下を防ぐなど目の健康を維持する働きがあります。

 

・黒

カテキン・・・緑茶に含まれ、抗菌作用をもつ。最近では、カテキンを増やした健康茶や、サプリメントが製品化されています。

クロロゲン酸・・・いわゆる「アク」に含まれる。独特の香りや苦味を形成する成分の一つで、じゃがいもやごぼう、コーヒー豆に含まれています。ガンや老化などの誘因となる活性酸素の除去や、血糖値を抑制する作用にも関わっているという研究報告があります。

 

・白

メチルシステインスルホキシド・・・ニンニク・ネギに含まれる辛味や香りの基となる成分。免疫細胞を活性酸素から守り、がんの発生、増殖を防ぐ働きを持っています。

イソフラボン・・・大豆など豆科の植物に多く含まれる。女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをします。動脈硬化や高血圧、骨粗しょう症の予防のほかにも、皮膚や粘膜を健康に保ったり、自律神経のバランスを整えたりする効果があると言われています。

 

野菜をたくさん食べることは昔から良いとされてきています。小さなころ、「野菜を食べなさい。」と言われていた方も多いのではないでしょうか。

その背景には知ってか知らずか、上記のような裏づけがあったのですね。サラダを食べるのは良いことですが、生野菜ばかりではなく、具沢山の味噌汁やスープを作ったり、野菜を使った和え物を副菜にしたりしてみてはいかがですか。

野菜をいろいろな形で、おいしく取り入れてみてくださいね。

レッドスムージーでスッキリ!便秘解消効果について解説!

スムージーとは

便秘かもしれないと思っている方もいると思います。便秘の方の体の中は、便秘のせいで老廃物や毒素がどんどん溜まっています。体の中に溜まっている毒素は、お通じから出ることができない場合、何とかして他の場所から体外に出ようとします。

その結果、肌荒れやニキビ、吹き出物の悪化を招いてしまいます。他にも、必要以上に汗をかいたり、目やにや鼻水が出たりする原因にもなってしまうのです。便秘になると、肌荒れや体調が悪くなるように感じるのは、老廃物や毒素がたまった身体からのSOSと言っても過言ではありません。

健康維持のためにも、美容のためにも、便秘を解消することはとても重要なポイントになります。そんな便秘を、スムージーを飲むことで、解消できることを知っていますか。スムージーを毎日続けて、便秘をスッキリ解消する効果が期待できます。

 

便秘を解消する!スムージーの効果

便秘の主な原因は食物繊維の不足です。食物繊維をたっぷり摂取すれば、体内に溜まった不要な毒素や老廃物を排泄することで、体の外に出してくれる効果が期待できます。

では、お通じをスムーズにする効果が高いとされているのは、どのような組み合わせでしょうか。それは、食物繊維と水の組み合わせです。おすすめしているスムージーは90%が水分でできています。それに、野菜や果物の食物繊維がたっぷり含まれています。

また、スムージーには、酵素が非常に豊富に含まれています。酵素は、体内で消化や吸収をサポートする栄養素です。酵素を摂取することで、食べ物の消化吸収がスムーズになり、代謝も上がります。その結果、排泄も促進され、腸内環境が整います。

つまり、スムージーを飲むことで、便秘解消に必要不可欠である「食物繊維」と「酵素」をたっぷりと摂取できるというわけです。便秘が解消すれば、ニキビや吹き出物もできにくくなります。お肌もきれいになり、アンチエイジング効果も期待できます。

最近では、美容と健康のために多くの女性がスムージーを毎日の生活に取り入れているようです。

 

野菜や果物って結構高いし、朝から野菜・果物を準備してミキサーにかけるのは思った以上に手間がかかるし時間もない。そんな方も多いことと思います。そんなあなたにおすすめなのが、市販のスムージーです。

実は、モデルなど美意識の高い女性の多くが、今、毎日の生活に市販のスムージーを取り入れているのです。ダイエット効果や美容効果も高いのに、たった10秒で作れて、自家製スムージーよりおいしい。たった10秒で作れる上に、自家製スムージーよりおいしい、と大評判なのです。

グリーンスムージーのように緑野菜が苦手な方には、イチゴやブルーベリーといったベリー系などのフルーツが豊富に含まれているレッドスムージーをおすすめします。

スムージーで朝食置き換えダイエットをする方法を紹介!

スムージーとは

近年、スムージーはダイエット効果が高いと女性の間で大人気です。

でも、確実に痩せるためにはどうやって飲めばいいの?そんな方は多いはず。

こちらでは、スムージー置き換えダイエット初心者におすすめの、「朝食置き換えダイエットのコツ」を紹介します。

 

「朝食置き換え」が効果がある理由

様々な雑誌やレシピ集を見ていると、「スムージーは1日1食どこで置き換えてもOK」と書いているものが多くあると思います。もちろん、それは間違いではありません。

でも、せっかく置き換えるなら、一番効果が出る時間帯の食事を置き換えたいですよね。では、どこを置き換えるのが一番効果的に、ダイエット効果が期待出来るのでしょうか。

 

まず、私たちの体は、時間帯によって体のリズムがあることを知ってください。リズムは大きく3つに分けられます。

時間帯 体の働き
4:00~12:00 排泄
12:00~20:00 栄養補給&消化
20:00~4:00 吸収&代謝

上記のリズムで、1日の栄養を循環させているのです。

 

夕食をスムージーに置き換えた場合、あとは眠るだけですので、摂取カロリーを抑えることで、十分ダイエット効果を得ることができます。しかし、睡眠中は、摂取した栄養をもとに新陳代謝が行われるため、老廃物が出てきます。

この、睡眠中に出てきた老廃物を体内から出すために、朝、朝食をスムージーに置き換えることで、スムージーに多く含まれる酵素が活発に働き、体内の排泄機能を促すのです。

朝、スムージーを飲むことで排泄が促進されれば、体の内側からキレイになり、ダイエット効果も実感しやすいでしょう。

 

スムージー朝食置き換えダイエットの方法

・朝食時

スムージーをコップ1杯(200~300ml)飲みます。

スムージーには、野菜や果物の栄養がたっぷり入っています。しかも、野菜や果物をそのまま食べるより消化がよく、量も多く摂取できるので、コップ1杯飲めば体に十分な栄養を摂取できます。

朝食の前に、ミネラルウォーターを飲めば、さらなる効果UPが期待できます。ただし、朝食はスムージーだけにしましょう。他のものを食べないようにすることが、ダイエット成功のカギです。もし、コップ1杯のスムージーだけではお腹が空いてしまう場合は、満腹を感じるまでスムージーを何杯か飲んで大丈夫です。

 

・昼食時(正午~)

ランチタイムは、あなたの好きなものを食べて食事を楽しみましょう。何を食べても構いません。ランチをしっかり食べることで、夕食を少なくするメリットもあります。ただし、早食いや食べ過ぎには注意してください。朝飲んだスムージーの効果が、半減してしまいます。昼食に、生野菜などを多く食べれば更に効果が出るようです。

 

・間食時(15時~)

もし、午後のおやつタイムに小腹がすいた場合は、ムリせずおやつを少し食べましょう。満腹感を感じやすいナッツ類やドライフルーツ、ダークチョコレートなどがおすすめです。

おやつを食べることで、夕食の吸収率をおさえることもできます。また、我慢のし過ぎはストレスに繋がります。ストレスは、リバウンドの原因にもなりますので、小腹が空いたときは、無理せず、少しおやつを食べて、リフレッシュしましょう。

 

・夕食時(20時まで)

夕食は20時までに済ませましょう。最初に紹介した表でもわかるように、20時を過ぎると、体のリズムは吸収と代謝に変わります。20時までに夕食を済ませることができるのであれば、夕食も何を食べても構いません。

もし、どうしても夕食が遅くなる場合は、消化の良い食事を選ぶようにしましょう。理想は、生野菜や発行食品などの酵素を多く含む食事です。

 

スムージーで痩せるには「毎日続けること」が重要です。朝食をスムージーに置き換えることで、より高いダイエット効果が期待できます。

スムージーとは?スムージーと野菜ジュースの違いは?

スムージーとは

健康志向の方を中心に今となっては定番となっている飲み物、スムージー。2014年に流行したスムージーですが、今では芸能人にも愛飲者が多く、店頭などで目にする機会も増えました。ただ、「スムージーって何?」と改めて聞かれたとき、みなさんは答えられますか。恐らく答えられない方も多いのではないでしょうか。

スムージーが流行りだしたころは、単純に「凍らせた野菜や果物をミキサーにかけて飲む」程度の飲み物でしたが、近年では、生野菜を使った「グリーンスムージー」や、ナッツ類を豊富に使った「ダイエットスムージー」といったものが登場しています。

 

スムージーとは

そもそもスムージーとは、「凍らせた野菜や果物をミキサーにかけた飲み物」の総称です。

飲み物にすることで、スッキリと美味しく野菜や果物が摂れることもあり、人気になりました。その後研究が進んでいくにつれて、様々な用途に応じた工夫がされ、種類も増えていきました。

 

野菜ジュースとスムージーの違い

スムージーと野菜ジュースの大きな違いは、作る際に使用する道具です。ミキサーで作るのがスムージー、ジューサーで作るのが野菜ジュースです。スムージーは野菜ジュースとは異なり、皮や種なども丸ごとミキサーにかけて作ります。なので、ジュースと比べると食物繊維や栄養素が豊富です。ただし、パワーのあるミキサーを使わないと、店舗で買うようなサラサラな口当たりにはならないため、飲みにくくなってしまいます。

また、ビタミン類などの熱に弱い栄養素は、加熱処理している市販の野菜ジュースからは摂取が難しく、栄養素の部分でも大きな差が出ています。

さらに、市販の野菜ジュースは意外にも、糖分が多く含まれているので、ダイエットには向いていない飲み物です。

 

 スムージーの種類

  • グリーンスムージー

ただ単純に「スムージー」といえば、グリーンスムージーを指すことが多いと思います。実際に、スムージーと検索してみると、グリーンスムージーの情報が多く出てきます。グリーンスムージーは、ケールやほうれん草など、緑の野菜をメインに使ったスムージーです。ビタミンやミネラルなどの栄養価と食物繊維が豊富なため、ダイエットに最適なスムージーです。グリーンスムージーは美容や健康、ダイエット目的で飲む方が多いため、最も人気があるスムージーと言えるでしょう。

  • ヘルシースムージー

サプリメントに頼らず、必要な栄養素を食物から効率よく摂取するためのスムージーです。発想はグリーンスムージーと近いですが、あくまでも「その人に必要な栄養素」なので葉物野菜を入れるとは限りません

  • ダイエット用スムージー

甘味料を加えず、シード類やナッツ類にカフェインを含んだ緑茶やコーヒーなどを合わせたスムージーのことです。満腹感を得ることも目的としているため、ダイエット用スムージーと名付けられているようです。しかし日本ではあまり普及しておらず、未だに一般的なスムージーではありません。

  • 甘味系スムージー

上記に挙げた3つが健康面を重視しているのに対し、フルーツスムージーやデザートスムージーといった甘味系のスムージーは、単純に味わうことを目的に作られるものです。なので、カロリーも度外視されています。コーヒーショップで売られている「フラペチーノ」や、ハンバーガーショップで売られている「シェイク」が一番近いと思います。

 

スムージーを作る時の注意点

スムージーが、美容や健康に効果的なことはわかってもらえたことと思います。しかし、ただ飲むだけではダメなのです。美容や健康のために飲むためには、いくつか注意点があります。

 

氷は入れても大丈夫??

氷は入れない方が良いです。スムージーの栄養素を最も効果的に取り込むのは、起きてすぐとされています。しかし、朝起きてすぐに冷たい飲み物を飲んでしまうと、体が冷え、新陳代謝の低下を招いてしまいます。

グリーンスムージーなどの葉物が多いスムージーは冷やした方が飲みやすいので、氷を入れることもあるでしょう。その場合は、量を調整し、あまり冷たすぎるスムージーは避けましょう

 

 皮や種は入れるべき?入れないべき?

栄養が詰まっているため、皮や種は入れるべきです。加えることで、スムージーによる栄養の摂取量が更に向上します。

ただし、ここで問題となってくるのは、ミキサーのパワーです。柑橘類やリンゴ、アボガドの種などはパワーの弱いミキサーを使って作ると、十分に粉砕することができずに、ドロッとした食感の悪いスムージーになってしまいます。手持ちのミキサーのパワーが弱い場合は、皮や種を入れないようにする方が口当たりの良いスムージーが作れるでしょう。ただ、これからスムージーを飲み続けよう!という方はこれを機会にミキサーを新調することをおすすめします。

 

豆乳や牛乳を入れるのはアリ?

入れても問題ありません。タンパク質と野菜を一緒にとると栄養が吸収されにくくなる、という説もありますが立証されているわけではありません。もし、この説が正しいとすると、マヨネーズなどのドレッシングも栄養が吸収されにくいのか、という話になってしまいます。なので、特に、牛乳や豆乳を入れるのは問題ありません

また、豆乳はダイエットの観点から見ると、非常におすすめできるドリンクです。大豆のたんぱく質は牛乳にn含まれる動物性のものに比べても、かなり低カロリーです。しかも基礎代謝を活発にしてくれるため、筋肉維持に役立ちます。朝に飲んでおけば、腹持ちがよく、余分なカロリー摂取を予防できます。

ただし、朝は水分補給が非常に重要です。朝、水分を取るのを忘れがちな方は豆乳や牛乳では作らず、水で作ったほうが良いかもしれません。

 

 入れない方が良い材料はある?

かぼちゃやとうもろこし、ニンジン、イモ類といったでんぷん質の多い野菜は避けたほうが良いでしょう。理由としては、フルーツとの食べ合わせが悪いためです。腸内でガスが発生しやすくなるため、こういったものは避けておいて悪いことはありません。

 

あくまでも、美容や健康のために飲むための注意点であり、デザート感覚で飲む方には当てはまりません。

 

どんな時に飲むべき?

空腹時に飲むことをおすすめします。空腹時に飲むことで、栄養素を最大限に吸収するためです。空腹時と言えば、殆どの場合は朝になるのではないでしょうか。ダイエット中の方は朝食をスムージーに置き換えるのがおすすめです。朝食と夕食の2食をスムージーに置き換えると効果も大きいですが、栄養素が偏りがちになるので、朝夕2食置き換える場合は、スムージーのレシピに十分注意してください。